Fukutake Foundation
公益財団法人 福武財団
公社・団体
日本語 : ネイティブレベル英語 : 会話レベル

中国語(広東語) : 会話レベル

香川県香川郡直島町2249-7
公益財団法人 福武財団
私たちは、ひとびとが「よく生きる(=Benesse)」ことを願い、文化・芸術によって、活力にあふれた、個性豊かな地域社会の発展に貢献します。
地中美術館(写真:大沢誠一) 地中美術館(写真:大沢誠一)
写真:濱田英明 写真:濱田英明
企業からの伝言板
小さな島の美術館、そこは大きな学びの場

●12/21(土)マイナビ国際派就職EXPOでお会いしましょう!●

▼12/21(土)マイナビ国際派EXPOに出展いたします
当日イベントにお越しいただける方は、ぜひブースへお越しください。
会社情報
プロフィール 福武財団は、日本の近代化の流れの中で行われてきた破壊と創造の繰り返しを見直し、「在るものを活かし、無いものを創る」を信条に、人々がよりよく生きる地域をつくること、お年寄りの笑顔が素晴らしい地域をつくることを目指し活動していきます。

The Fukutake Foundation is rethinking the cycle of destruction and creation at the heart of Japan’s modernization. With a motto of “using what exists to create what is to be”, we will endeavor to create places where people can live better and communities filled with smiling, happy seniors.
事業内容 ■美術館事業
・アート活動による地域の活性化
現代アートを接点として、世界中の人々が瀬戸内海を訪れ、滞在することにより、自然と環境の素晴らしさを感じ、お互いの文化や歴史について語り合える場を創ります。また、島の休耕田の再生を行う等、継続的に地域の人々との交流を図りながら、地域全体を活性化していきます。
保有施設:地中美術館、李禹煥美術館、豊島美術館、犬島精錬所美術館 他

■助成事業
・文化と芸術による地域振興の助成およびその普及
活力あふれた個性豊かな地域社会を実現するため、地方公共団体等との緊密な連携の下に、地域住民を中心とした創造的で文化的な表現活動を通じたまちづくり等の諸活動に対し助成を行い、互いの成果を確認する成果発表大会を開催します。
・瀬戸内海における地域活動や学術研究に対する助成および自主事業
地域の固有性と多様性を持って持続的な発展をとげてきた瀬戸内海地域に焦点をあて、その文化力の向上と地域づくりに貢献することを目的として、幅広い分野や形式での「調査・研究」や「活動」に対して支援助成を行い、また互いの成果を確認する成果発表大会を開催します。

■自主・共催事業
・文化、芸術を振興する国内外の交流事業(瀬戸内国際芸術祭など)
地域活性化につながるプログラム提供や、文化、芸術に関する国際的なシンポジウム、助成成果発表大会等を通じて、様々な立場の方に情報交換の機会を提供し、また、ベネッセアートサイト直島の活動全体を捉えた情報を国内外に向けて発信します。

■ Art Museums
・Revitalizing the region through art
With modern art as our centerpiece, we create places where people from across the world can share their cultures and histories and experience the splendor of nature as they visit the Seto Sea.
Affiliated institutions: Chichu Art Museum, Lee Ufan Museum, Teshima Art Museum, Inujima Seirensho Art Museum, and others

■ Grants
・Support for regional development through culture and art and its dissemination
・Support and independent initiatives for local projects and academic research

■ Partnerships
・Domestic and international outreach initiatives promoting culture and art (such as the Setouchi Triennale)
By offering programs that breathe new life into the region, along with international symposia of culture and art, we provide opportunities for people of all walks of life to share information.
本社郵便番号 761-3110
本社所在地 香川県香川郡直島町2249-7
本社電話番号 087-892-2655
創業・設立 1985年
資本金 442億836万円(2019年3月31日付簿価ベース)※正味財産
従業員数 163名(2019年10月現在)
売上高 14億4,217万円(2018年4月~2019年3月)※事業利益
事業所 香川県香川郡直島町
香川県小豆郡土庄町豊島
岡山県岡山市東区犬島
過去3年間の新卒採用者数(男女別) 2019年 男性 1名、 女性 6名
2018年 男性 2名、 女性 13名
2017年 男性 3名、 女性 8名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 50.0%

8名中4名(2019年度実績)
沿革 1985年
財団法人福武学術文化振興財団設立
助成先の公募を開始
2004年
財団法人直島福武美術館財団設立
地中美術館開館
2005年
「瀬戸内海文化研究・活動支援助成」を開始
2006年
「直島コメづくりプロジェクト」発足
2007年
財団法人文化・芸術による福武地域振興財団設立
助成先の公募を開始
2008年
犬島アートプロジェクト「精錬所」開館
「ふるさと納税ポータルサイト」を開設、ふるさと納税制度を普及
2009年
直島銭湯「Iラブ湯」(※あいらぶゆ・ラブはハート記号)営業開始(直島町観光協会への運営委託)
豊島「食プロジェクト」推進協議会の設立協力
大地の芸術祭を支えるサポートサイトを開設
大地の芸術祭「福武ハウス」を公開
2010年
李禹煥美術館開館
クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」開館
犬島「家プロジェクト」開館
「瀬戸内国際芸術祭2010」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)
「瀬戸内国際シンポジウム2010」開催
豊島美術館開館
2012年
3財団ともに、公益財団法人に認定
公益財団法人福武学術文化振興財団、公益財団法人文化・芸術による福武地域振興財団を公益財団法人直島福武美術館財団が吸収合併し、公益財団法人福武財団に名称変更
2013年
直島「ANDO MUSEUM」開館
「瀬戸内国際芸術祭2013」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)
女木島「女根」開館
「豊島横尾館」運営受託
小豆島「福武ハウス」開館
2014年
「犬島パフォーミングアーツ助成プログラム」を開始
2016年
「瀬戸内国際芸術祭2016」開催協力(主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会)
「針工場」を公開
豊島八百万ラボ開館
お問い合わせ
採用問い合わせ先 〒761-3110 香川県香川郡直島町2249-7
公益財団法人福武財団
総務人事:山根・渡邉
TEL:087-892-2655
t-yamane@fukutake-artmuseum.jp
m.watanabe@fukutake-artmuseum.jp