Mizkan J plus Holdings Co., Ltd.
(株)Mizkan J plus Holdings【マイナビ/グローバル人材紹介サービス】
食品・農林・水産
日本語 : ネイティブレベル英語 : ビジネスレベル
愛知県半田市中村町2-6
(株)Mizkan J plus Holdings【マイナビ/グローバル人材紹介サービス】
「やがて、いのちに変わるもの」を育む変革と挑戦の企業であり続けます。「おいしさと健康の一致」を目指し、あたらしい「サステナビリティ」、あたらしい「おいしさ」、あたらしい「健康」の実現に向けた取り組みをグローバルに進めています。
ミツカングループは、グローバルに商品展開を行っています。 ミツカングループは、グローバルに商品展開を行っています。
創業の地「半田」では、昔ながらのお酢づくりの蔵も残っています。 創業の地「半田」では、昔ながらのお酢づくりの蔵も残っています。
企業からの伝言板
ミツカングループの海外売上比率は、実は5割以上あります!専門性を活かして、北米、欧州で将来活躍をして頂けるような方のご応募をお待ちしております!

★専用エントリーシートあり!★
ダウンロード先:
http://ag.global.mynavi.jp/Mizkan_Resume_name_ojm2021.xlsx
会社情報
プロフィール ミツカングループの歴史は、1804年に創業者が酒粕を原料とした新しいお酢、粕酢作りに挑戦したことに始まります。当時流行っていた“江戸前ずし”にビジネスチャンスを見出し、積極的に販売し、見事成功。ミツカングループの基幹ビジネスである食酢事業はこうして生まれました。味ぽんやお酢のイメージが強いミツカンですが、納豆や鍋つゆなど、多角的な商品展開を行っているのも特徴です。また、近年は国内での事業拡大とともに、海外での事業にも積極的に取り組み、海外売上比率は5割を超えています。

今後は、2018年に発表した未来ビジョン宣言の実現を目指し、「おいしさと健康の一致」に向けた取り組みを進めていきます。”「食べる」のぜんぶを、あたらしく。”をコンセプトとして立ち上げた「ZENB」ブランドの事業を国内外で強化していきます。「ZENB」は、植物を可能な限りまるごと使い、おいしくてカラダにいい、「人と社会と地球の健康」に貢献する、ウェルビーイングな食生活を提案するブランドです。生活者に商品価値をダイレクトに伝えるためにデジタル活用をしながら販売をし、新しい食生活を提案するビジネスモデルの構築に努めています。

ミツカングループでは、「やがて、いのちに変わるもの。」をグループビジョンスローガンとして掲げ、「お客様の食卓をより豊かに楽しいものにしたい。」という願いの実現に向け、健康で安全安心なおいしい商品群をお客さまに提供していきます。

続いて、皆様の興味関心が高いと思われる海外事業ですが、ミツカングループでは、北米、欧州での事業活動に力を入れて取り組んでおります。

北米事業は、全米の家庭で親しまれているパスタソース「RAGÚ(ラグー)」、「BERTOLLI(ベルトーリ)」の売上比率が大きく、両ブランドはともに北米の食文化に根付いているものとなります。米国家庭用クッキングワイン市場でシェアNo.1の「Holland House(ホランド・ハウス)」、そしてもちろんビネガーも販売しております。

欧州事業は、英国を中心に、フィッシュアンドチップスに振りかけるモルトビネガーの「SARSON'S(サーソンズ)」やピクルスといった、こちらも現地の食文化に根付いた商品展開をしております。また、日本食向け事業も成長分野となっています。

このような海外事業に関わりながら活躍する社員も年々増えており、ぜひ皆様にも将来ご活躍頂きたいと思っています。
事業内容 ミツカングループは、日本+アジア、北米、欧州の3エリアで主に事業展開をしています。
さらに、デジタルを駆使して世界にまたがるZENB事業も新たな事業として近年、取り組んでいます。

まず、日本国内では、お酢や味ぽんのイメージが強いと思いますが、「パキッ!とたれ」、「たまご醤油たれ」といった納豆や、「ごま豆乳鍋つゆ」などの鍋つゆ、「おむすび山」、「五目ちらし」、「ほんてり」など、多角的な商品展開を行っているのが特徴です。

そして、近年、積極的に取り組んでいる海外事業の売上はミツカングループ全体の5割を超えるほどに拡大しています。

北米事業は、全米の家庭で親しまれているパスタソース「RAGÚ(ラグー)」、「BERTOLLI(ベルトーリ)」の売上比率が大きく、両ブランドはともに北米の食文化に根付いているものとなります。他にも、米国家庭用クッキングワイン市場でシェアNo.1の「Holland House(ホランド・ハウス)」、ライスビネガーの「NAKANO(ナカノ)」などのブランドを展開しています。

欧州事業は、英国を中心に、フィッシュアンドチップスに振りかけるモルトビネガーの「SARSON'S(サーソンズ)」や、サワーピクルスの「HAYWARDS(ヘイワーズ)」、スイートピクルスの「Branston(ブランストン)」といった、現地の食文化に根付いた商品展開をしております。また、日本食向け事業も成長分野となっています。

また、”「食べる」のぜんぶを、あたらしく。”をコンセプトとして立ち上げた「ZENB」ブランドの事業を国内外で強化しております。「ZENB」は、植物を可能な限りまるごと使い、おいしくてカラダにいい、「人と社会と地球の健康」に貢献する、ウェルビーイングな食生活を提案するブランドです。生活者に商品価値をダイレクトに伝えるためにデジタル活用をしながら販売をし、新しい食生活を提案するビジネスモデルの構築に努めています。
本社郵便番号 475-8585
本社所在地 愛知県半田市中村町2-6
本社電話番号 0569-21-3331(大代表)
創業・設立 1804年
資本金 3,000万円
従業員数 約3,700名(グループ計)※2021年4月1日時点
売上高 2,429億円(グループ連結/2020年度)
事業所 国内:半田本社、東京ヘッドオフィス、名古屋オフィス、8支店、6営業所、8工場など
海外:6拠点(ロンドン、シカゴ、シンガポール、台北、香港、北京)、17工場(アメリカ15、イギリス2)
※2021年6月3日時点
業績 ミツカングループ業績 2021年2月期(2020年度) ※売上金額は純額にて表示
グループ全体売上高:2,429億円 (前年比100.9%)
経常利益:172億円 (前年比223.1%)
償却前営業利益(EBITDA):325億円 (前年比126.3%)
平均年齢 約43歳(国内社員、2021年4月1日時点)
平均勤続年数 20.8年(2019年度)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 22.5時間(2019年度)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.9日(2019年度)
平均給与 846万円(総合職)
沿革 1804年
創業
1887年
「ミツカン」ロゴマーク商標登録
1942年
中埜生化学研究所(のちの中央研究所)を開設
1964年
「味ぽん」発売
1981年
アメリカの大手食酢メーカー「アメリカン・インダストリー社」を買収し、海外進出が本格的にスタート
1986年
お酢の総合博物館「酢の里」開館
1997年
納豆事業に本格参入
1999年
「ミツカン水の文化センター」を設立
2000年
「金のつぶ『におわなっとう』」
「金のつぶ『ほね元気』」発売
2004年
グループビジョンの制定
2012年
「金のつぶ『パキッ!とたれ』」発売
2014年
グローバル化推進のため、社名を英語表記に刷新
米パスタソースブランド「Ragu(ラグー)」「Bertolli(ベルトーリ)」を取得
2015年
ミツカンの酢づくりの歴史や、食文化の魅力を楽しみ学べる体験型博物館MIZKAN MUSEUM(愛称MIM<ミム>)がグランドオープン
2018年
未来ビジョン宣言を発表
ミツカンが目指す10年後の未来をすべてのステークホルダーの皆様へ宣言
2019年
植物の普段は捨てている皮や芯などをまるごとゼンブ使った「ZENB」ブランドの展開

注釈
※「味ぽん」、「金のつぶ」、「におわなっとう」、「ほね元気」、「〆まで美味しい」、「水の文化センター」、「パキッ!とたれ」は(株)Mizkan Holdingsの商標です。
お問い合わせ
採用問い合わせ先 〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル6F
Mynavi Online Job Matching事務局
TEL : 03-6267-4087