SHOWA DENKO
昭和電工(株)
繊維・化学・薬品 / 電子・電気機器 / 鉄鋼・金属・鉱業
日本語 : 会話レベル英語 : 会話レベル
東京都港区芝大門一丁目13番9号
昭和電工(株)
進化する個性派化学で人類の夢や願いを「具体化。」
エチレンなどの原料製造から誘導品開発までバランスのとれた需給構造を持つ大分コンビナート。アジア最大規模を誇り、アジア圏における競争力の礎です。 エチレンなどの原料製造から誘導品開発までバランスのとれた需給構造を持つ大分コンビナート。アジア最大規模を誇り、アジア圏における競争力の礎です。
鉄スクラップを溶解し鋼を生産する「鉄鋼のリサイクル」に欠かせない黒鉛電極。当社は日・米・中の製造拠点から、世界の市場へ黒鉛電極を供給しています。 鉄スクラップを溶解し鋼を生産する「鉄鋼のリサイクル」に欠かせない黒鉛電極。当社は日・米・中の製造拠点から、世界の市場へ黒鉛電極を供給しています。
企業からの伝言板
採用エントリー受付について

<技術系職種、事務系職種>
エントリー受付中です。
ご関心のある方は、当社マイページに登録し、説明会を予約ください。

昭和電工(株) 総務・人事部 採用担当
会社情報
プロフィール 創業当初より、アンモニア・硫安・アルミニウムなどをはじめ、多数の製品を国内外で初めて開発・事業化し、化学産業の新しい地平を切り拓いてきました。昭和電工グループは経営理念のもと、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献する「社会貢献企業」の実現を目指しています。
事業内容 昭和電工は創業当初より、アンモニア・硫安・アルミニウムなどをはじめ、多数の製品を国内外で初めて開発・事業化し、化学産業の新しい地平を切り拓いてきました。
無機化学・アルミニウムから有機化学まで手がけるユニークな化学系素材メーカーとして、幅広い技術を持つ当社だからこそできる、個性的な製品の開発に取り組んでいます。
たとえば、電解・アルミ基盤・研磨・皮膜・潤滑油といった技術の融合により生まれたハードディスク事業は、世界で初めて垂直磁気記録方式を実用化し、いまや外販メーカーとして世界トップシェアとなるまでに成長しました。
(テクノ・システム・リサーチの調査より引用)

高付加価値で魅力的な製品・技術の提供を通じた、常に世界をリードする「個性派化学」の追求。
2016年からスタートした中期事業計画「Project 2020+」では、収益性と安定性を高いレベルで維持できる「個性派事業」の充実が最大の課題であり、新たな事業を付け加えると同時に、既存の事業群を強く安定した個性派事業に変えていくことを目指していきます。。
本社郵便番号 105-8518
本社所在地 東京都港区芝大門一丁目13番9号
本社電話番号 03-5470-3100(ダイヤルイン)
創業・設立 創業 1926年10月5日 設立 1939年6月1日
資本金 1,405億6,400万円(2016年9月30日現在)
従業員数 3,735人(出向者除く) 10,147人(連結) ※2016年6月30日現在
売上高 5,203億3,300万円(単独) 7,809億5,800万円(連結) ※2015年12月末日現在
事業所 本社/東京
支店/大阪、名古屋、福岡
事業開発センター/千葉、川崎、秩父、大分、伊勢崎、龍野、横浜、塩尻、喜多方、千葉、小山、秩父ほか
プロセス・ソリューションセンター/川崎、横浜
事業所/大分、川崎、東長原、徳山、伊勢崎、龍野、横浜、塩尻、大町、喜多方、彦根、千葉、小山、秩父ほか
株主構成 【上位10名の株主】

富国生命保険相互会社
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口)
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口)
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口9)
第一生命保険(株)
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY
損害保険ジャパン日本興亜(株)
明治安田生命保険相互会社
昭和電工従業員持株会
日本生命保険相互会社
※2016年6月末日現在
関連会社 昭光通商(株)
昭和電工エレクトロニクス(株)
昭和アルミニウム缶(株)
昭和電工ガスプロダクツ(株)
など約80社

海外/アメリカ、ドイツ、ポルトガル、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、中国、台湾ほか
平均年齢 41.8歳(2016年8月末日現在)
平均勤続年数 18.7年(2016年8月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.8日(2015年実績)
沿革 【沿革】

1908年
当社の創業者森矗昶氏、沃度の製造販売を目的として総房水産(株)(日本沃度の母体)を設立
1926年
日本沃度(株)設立(これをもって創業とする)
1928年
昭和肥料(株)を設立
1931年
国産初のアンモニアの開発に成功。硫安(肥料)の製造を開始【昭和肥料(株)川崎工場にて】
1934年
日本で始めてアルミニウムの精錬に成功【日本沃度(株)大町工場にて】
1934年
日本沃度(株)を日本電気工業(株)と改称
1939年
日本電気工業(株)、昭和肥料(株)の両社合併、昭和電工(株)設立
1949年
東京証券取引所等に上場
1969年
・昭和アルミニウム缶(株)、日本ではじめてアルミ缶を生産
・大分石油化学コンビナート営業運転開始
1979年
白川英樹博士の指導のもとで導電性ポリマーの研究に着手
(以降、1980年ペンシルバニア大学のA.マクダイミッド教授および1982年から1992年カリフォルニア大学サンタバーバラ校のA.ヒーガー教授に研究員を派遣
これらの成果が三氏に2000年度ノーベル化学賞の共同受賞をもたらす)
1988年
ハードディスク事業へ進出
2003年
川崎事業所にて使用済みプラスチックのアンモニア原料化事業を開始
2005年
世界初の垂直磁気記録方式ハードディスクの量産開始
2009年
パワー半導体用冷却器の生産開始
2011年
「パワー半導体用冷却器の開発」で第43回市村産業賞貢献賞を受賞
2013年
植物育成用LED照明が「2012年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞
2015年
トムソン・ロイターの「Top100 グローバル・イノベーター2015」を受賞
2016年
「プラチナくるみん」取得
お問い合わせ
採用問い合わせ先 TEL:03-5470-3100(総務・人事部 ダイヤルイン)

e-mail:Sdk_Saiyou@showadenko.com
住所 〒105-8518 東京都港区芝大門一丁目13番9号 TEL:03-5470-3100(総務・人事部 ダイヤルイン)
地図を確認する
リンク1 【HP】
リンク2 【採用ページ】