Costco Wholesale Japan Ltd.
コストコホールセールジャパン(株)
専門店 / 百貨店・スーパー・コンビニ
日本語 : 母国語レベル英語 : ビジネスレベル
神奈川県川崎市川崎区池上新町3-1-4
コストコホールセールジャパン(株)
マネージャーとしてのチャレンジ
石川 潤
氏名: 石川 潤
入社年月: 2008年
出身学校: 関東学院大学 文学部 現代社会学科
部署: ベーカリー
職種: マネージャー
アルバイトから正社員へ。10年間のキャリアを振り返る
私が大学生だった2004年、金沢シーサイド倉庫店でシーズナル(短期間のアルバイト)の募集がありました。その時にフードコート部門で採用されたことがきっかけでコストコで働きはじめました。その後は長期アルバイトに切り替え、2008年夏までの4年間、同倉庫店で勤務しました。就職活動をしていた時、当時のマネージャーから「コストコはチャレンジさえすればステップアップも可能だし、個々の自主性を重んじる職場。ここでフルタイム(正社員)にチャレンジしてみないか?」と声をかけてもらい、心機一転入社を決意しました。その年の秋にはフロントエンド(レジ部門)のスーパーバイザーを拝命し、新しいキャリアのスタートになりましたね。
2012年11月、座間倉庫店オープンに伴いフードコート部門のマネージャーに昇進。マネージャー業はもちろん、オープニングも初めての経験で最初は少し緊張しましたが、フードコート部門ではスーパーバイザーを経験していたので業務はスムーズにこなせました。マネージャーとしては、オープニングスタッフのトレーニングやスーパーバイザーへの方針伝達、スケジュール管理、発注など責任のある仕事を幅広く任され、責任と新たなやりがいを感じました。
部下が評価され、昇進していくことがマネージャーとしての喜び
マネージャーの仕事の醍醐味は、通常の接客に加え、部署のスタッフがスムーズに働けるよう全体を管理し、人材を育成していけること。新入社員や経験の浅いスタッフにも仕事内容や会社の方針を共有し理解してもらうために、私はどんなに忙しくても対話は欠かさないように気をつけています。特にコストコでは外国人の社員も多いので、彼らとコミュニケーションを取る際はより丁寧に話をするようにしています。私自身、英会話が得意ではないため会話は日本語が中心。外国人の社員の大半は日本語が堪能なので英語ができなくて困ることはほとんどないのですが、ちょっとしたニュアンスの違いでうまく伝えられない時があったりします。私が英語を喋れない分、できる人に通訳を頼んで時には別室でじっくり話をするなど、自分にできることを丁寧にしています。

マネージャーという立場になって早2年。最近は、自分の部署のスタッフがスーパーバイザーなどに昇進したときが一番嬉しいですね。コストコの人事は、昇進時期は特に決まっていません。募集があればその内容がブレイクルームの掲示板にて発表されます。倉庫店や配属先部署、役職などさまざまなので、希望すればトライできる仕組みです。応募者は希望配属先の責任者と面談し、選考後、採用となります。そのためコストコで働く人のキャリアパスは実にさまざま。コストコはまさに個人のチャレンジを大切にする会社です。
50倉庫店拡大へ!将来の夢と、学生へのメッセージ
50倉庫店への規模拡大に向けて、現在当社は一丸となって前進しています。私の今後のビジョンは、そうした新規オープンの倉庫店でスーパーバイザーやマネージャーになっていく人材を育成することです。将来のコストコをしょって立つ人材を自分の部署からどんどん輩出することが自分の義務だと思っています。

学生のみなさんにお伝えしたいのは1つ。どんなときもチャレンジ精神を持ち続けることです。難しそうな壁があってもまずはストイックに動いてみましょう。時には忍耐力が必要なときもあるかもしれませんが、チャレンジし続ける人のところにチャンスはやってくると思います。当社ではそうしたチャレンジ精神旺盛な社員がたくさんいます。常に前進し続け、時に振り返って客観的に自分を見つめてみる。私がコストコで働いている10年のキャリアもそんなことの繰り返しでした。

最後に。私のように英語が得意でなくてもそれを補うことでキャリアを積むことは十分可能です。もちろん語学力はステップに応じて必要になるため学ぶ姿勢は大事ですが、語学ができないから無理そうとは考えず、当社に興味を持っていただけたならまずはチャレンジしてほしいと思います!
<<前へ この企業の先輩一覧に戻る