LINDT & SPRUNGLI JAPAN
【JCF in SYD】リンツ&シュプルングリージャパン(株)
食品・農林・水産 / 商社 / 専門店 / フードサービス
日本語 : 母国語レベル英語 : ビジネスレベル
東京都港区南青山3-13-18 313南青山3階
【JCF in SYD】リンツ&シュプルングリージャパン(株)
ロジスティックス部門:商品がお客様の手に届くまで
塚本 麻穂
氏名: 塚本 麻穂
入社年月: 2013年6月
出身学校: Others - 関東 Others
職種: Logistics Manager
ロジスティックス部門:商品がお客様の手に届くまで
Lindt & Sprungli Japan 株式会社のロジスティックス部門はサプライチェーンの上流から下流まで全てを管理している部門です。
要約すれば「商品が製造元からお客様の手に届くまで」を計画及び管理する部門です。
日本で販売するチョコレートは全て世界中にあるリンツの工場より直接輸入しています。
それらの品質を厳密に管理しながら、お客様の手元に届ける為に必要な輸送計画、日本についてからの通関作業、倉庫に入っての検査、ラベリング、アッセンブル加工、店舗へ輸送等の業務を行っております。
商品がある所では必ず関わる部署ですので、マーケティングと新商品の計画、ファイナンスと売上予測や仕入の計画、オペレーションと店舗在庫の計画等、色々な部署と関わることができる、非常にダイナミック仕事です。
世界中の生産工場とのコミュニケーション
私の部門では世界中のリンツの工場とやり取りをしますので、
日頃からE-Mail 等では英語を活用してコミュニケーションを取っています。
年に一度の Intercompany Meeting や Logistics Meeting で他の国々の
ロジスティックスマネージャーと交流を持ち、各国のベストプラクティスの共有等も行います。
去年から始まったERPプロジェクトや、現在進行中の新倉庫プロジェクト等の際も本社のスペシャリストが来日してミーティングをしたり、デイリーのやり取りなどもを英語で行いますので、英語を使う機会は多い部門です。社内のコミュニケーションは日本語ですが、存分に英語力を活かすことができます。
<<前へ この企業の先輩一覧に戻る 次へ>>