WiLLSeed
(株)ウィル・シード【マイナビ/グローバル人材紹介サービス】
コンサルティング・調査 / 教育
日本語 : ネイティブレベル英語 : 問わない
東京都渋谷区恵比寿1-3-1朝日生命恵比寿ビル9階
(株)ウィル・シード【マイナビ/グローバル人材紹介サービス】
グローバル化に取り組む大手企業の人材開発コンサルタントとして、グローバルな環境で活躍できる人材の育成を支援しています
加藤大貴
氏名: 加藤大貴
入社年月: 2019年入社
出身学校: 東京外国語大学 国際社会学部 国際社会学科 北アメリカ地域専攻
部署: GHRD事業部
職種: コンサルティング営業
「コンサル」×「教育」に惹かれて入社を決意
将来は、教師になって人の成長を支援する仕事をしたいと思っていたので、教育業界への就職も考えていました。しかし、教育産業での仕事は何か自分の教育に対する思いとは違う感じがしていました。そこで、あらためて自分という人間の価値をどのように発揮するのかと自問自答してみて、「自らの知力を生かして新しい価値を生み出していく」仕事ができるコンサルに興味を持ちました。
コンサルは、顧客企業が抱える課題を解決し、その企業の価値向上を支援する仕事です。自分の介在価値が実感できる仕事なのです。課題解決のアプローチには、戦略系、IT系、シンクタンク系など、さまざまな方法がありますが、自分はもともと教育に関心があり、人の成長を支援していきたいという気持ちが強かったので、人材育成を通じて企業の課題解決を支援する人材開発系のファームに関心を持ち始めました。
そんなとき、たまたま大学のキャリアセンターに就職の相談に行くことがあり、自分が興味を持っている領域についてお話すると、「人材開発に興味があるなら、こんな良い会社があるよ」と紹介してくださったのが当社です。その方はまさに現在、事業会社の人事として当社と取引をしており、お客さまの立場でそのような良い評価をされていたので、その方のアドバイスはとても信頼感がありました。
人材開発系のコンサルは、他にも受けていたのですが、当社が他社と違ったのは教育に対する思いです。当社は、「挑戦・学習・成長を加速させる『場』をデザインする」というミッション、「100の言葉よりも、ひとつの体験を」というスローガンを掲げています。事業も企業も、主役は「ひと」であり、体感型プログラムを通じて「ひと」が自分らしく挑み・学び・変化する機会を提供することで、その先にある、社会を変える価値の創出に貢献しようという思いを持っています。
私は、ボーイスカウトを通じて青少年を育成する活動に関わっていたこともあって、何か頭で考えて理解するよりも、活動や実践を通じた学びや気づきを大切にしてきました。いわゆるLearning by doing(ラーニング・バイ・ドゥーイング)です。単なる知識ではなく、見る、聞く、触れるなどの五感を使いながら、発見し実感を得るということを大切に思ってきたからこそ、当社の「体験」へのこだわりや「『場』をデザインする」という考え方にビビッときたのだと思います。
グローバル人材の育成を支援するプログラムを開発
入社後は3年間、設計職としてグローバルで挑戦する企業を支援する、教育プログラムの企画開発に携わってきました。グローバルにビジネスを展開する日本の大手企業では、海外の自社拠点でのOJTを実施する海外トレーニー制度を導入している企業が数多くあります。こうした企業の人材開発プログラムをサポートします。
海外トレーニー制度という、自社の海外拠点でOJTトレーニングを受ける制度で派遣される若手社員に対して、派遣目的や基準に関するマインドセットの場となる派遣前研修を設計し、派遣期間中の面談なども手配し成長を促進します。場合によって、面談を担当するメンターに対して、その方が担当する派遣社員の今後の成長に向けての面談設計を支援することもありました。また、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、オンラインのグローバル人材育成プログラムも提供しており、その設計担当として、海外のパートナー企業との打合せや、研修全体の運営に関する業務を担っていました。
当社では、海外トレーニー支援以外にもさまざまなグローバル人材育成サービスを提供していますが、世界的な新型コロナウィルスの感染拡大以降においても「グローバル人材育成を止めない」という意志をお持ちのお客様から注目を集めているのが、海外渡航の必要がなく、国内で研修が実施できる「5日間在宅海外研修」です。このプログラムは、海外で事業を展開している実在の企業さまにご協力いただき、その企業が海外で事業展開をはかるうえで直面している課題(お題)を提示いただきます。研修を実施する企業の若手社員と現地バディとの協働を通じて、お題に対する課題解決案を考え企業さまに提案します。
課題のテーマ立てがとても重要で、研修を実施する企業さまにとっては研修の効果を最大化できるテーマが望ましい一方、お題を提示してくださる企業さまにとっては抱えている課題の解決に繋がるものでなければならなりません。研修を実施する企業とその社員、お題を提示してくださる企業、そして研修を実施する講師と、さまざまな関係者が存在するのですが、私が担当した案件で、関係者すべてから「良いお題だった」と評価をいただけたことがあり、とてもうれしく感じたのとともに、そういったお題を設計できたことが、自分にとっての大きな自信につながりました。
「人材開発」を通じて日本企業の価値向上に貢献
設計職を3年間経験し、現在はコンサルティング営業として、大手企業の人事部や人材開発セクションを主な取引先として、クライアント開拓のためのマーケティングからセミナーなどの具体施策の企画実行、顧客との商談・研修プログラムの企画提案までを担当しています。今はまだ、営業の基礎を学んでいる段階で、自社の特徴や魅力、主要なサービスを自分の言葉で伝え、相手の共感を導いたり、当社の必要性を訴求できるようになることを目標において日々の業務に取り組んでいます。
この仕事はリーディングカンパニーのグローバル戦略やグローバルビジネスを肌で感じられることが大きな魅力です。当社の人材開発プログラムを通じて、その企業のグローバル化を支援させていただいているんだという手応えが感じられます。提供するプログラムの影響力の大きさを考えると責任も重大ですが、やりがいも大きいです。
加えて、企業の課題解決だけでなく、社会課題の解決にも貢献できるチャンスがあるのも魅力です。私のマネージャーが手がけた案件では、ある大手飲料メーカーさんが「将来的に幅広い視野でビジネスについて考えられるように、社会のトピックにも関心を広げてもらいたい。また、バックグラウンドが異なる人と自分の意見をもって議論できる人材を育成したい」というニーズをお持ちでした。そこでマネージャーは、難民支援のNPOとタッグを組んだ座談会を企画・提供することでお客様のニーズを満たし、社会に対する問題提起の場を生み出しました。
日本企業の未来を担うグローバルリーダーには、自社のビジネスを通じて社会課題を解決していくことが求められる時代です。私も、社会の変化を見すえたうえで、日本企業が適切にグローバル化していく上でどういった人材を育成すべきかを考えながら、自分自身が触媒となって企業に新たな価値を提供できるようになりたいです。
更なるグローバル化を目指す企業を人材開発という面で支援する我々のようなビジネスの選択肢がもっとメジャーになっていいのではと思っています。グローバルの環境で挑戦し成長したご自身の経験を活かすことができます。当社の世界観に共感できる方、社会をより良くしていきたいという思いのある方、教育、人材開発、コンサルという領域に関心が高い方にとって、ウィル・シードはとても刺激的な職場ですよ。
この企業の先輩一覧に戻る