Tecnos Japan Inc.
(株)テクノスジャパン
ソフトウエア・情報処理
日本語 : 母国語レベル英語 : 会話レベル
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー14階
(株)テクノスジャパン
英語&会計の知識を活かして欧米プロジェクトで活躍!
T.H
氏名: T.H
入社年月: 2012年
出身学校: 中央大学 商学部 会計学科
部署: 製造グループ
職種: システムエンジニア
学生時代に勉強した強みを活かせる!
テクノスジャパンに入社を決めたポイントは3つあります。
・学生時代に極めた"会計"と"英語"が活かせること
・企業の経営を動かす "システム”を支える仕事が出来ること
・自分を成長させられる場であること

今まで努力してきた自分のスキルと更に向上させたい意欲を掻き立てる会社だと感じました。様々な資格や賞を頂いている優秀な先輩のサポートがある事も自分が努力を継続できる大きな要因です。

学生時代はオーストラリアに留学しており、経営に関する授業のアサイメントで企業の研究・分析を行い、経営幹部の方々にグループで立案した戦略を提案した経験があります。

入社を決めたポイント、学生時代の留学経験と専攻した会計知識を発揮できる場を会社から与えていただき、入社後に3ヶ月の新人研修を受けたあとに、アメリカとドイツのシステム運用保守プロジェクトに参画しています。

当時、入社1年目の私にアメリカのお客様の「小切手印刷方法の仕様変更対応」担当として抜擢いただき、初の海外出張にも行ってきました。

現地でお客様とシステム要件を伺い、提案を行う事は自分には荷が重く感じる事もありましたが、先輩のフォローもあり何とか対応できました。
そもそも「小切手」は仕様方法が法律で決められており、専門知識も必要です。
綿密な打ち合わせを行い、言葉の齟齬が発生しないよう留意しながら作業を進めました。

改めて語学力だけで歯が立たないビジネスの場を経験しました。
海外プロジェクトの醍醐味!
お客様は欧米にいるので、勿論やりとりは英語です。また、システムの知識も責任のある仕事を任されることで早く習得できていると実感しています。

日本の商文化とは違い、海外のお客様から共感を頂くのは一苦労です。相手が要求している品質を担保している事をロジカルに説明出来なければ納得して頂けません。
とても難しく大変ですが、認めてもらえた時の達成感は大きいです。

3年後の目標は会計と英語ならこの人!と名前が挙がるレベルまで成長したいです。その為に責任のある仕事を次々とこなし、会社を引っ張っていく存在になりたいと思います。
<<前へ この企業の先輩一覧に戻る