State Street Corporation
ステート・ストリート信託銀行(株)
銀行・証券
日本語 : ビジネスレベル英語 : 会話レベル
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎の門ヒルズ森タワー
ステート・ストリート信託銀行(株)
強い意志を持っていれば、大きく成長を遂げられるチャンスが広がる
H.I
氏名: H.I
入社年月: 2003年(中途)
出身学校: 非公開
部署: 福岡営業所 証券管理部
職種: 部長
お客様の大切な資産を預かり、管理するという使命
入行以来、私は一貫して「信託業務」に携わってきました。保険会社や年金基金といった機関投資家に向けて、グローバルに事業を展開する当社ならではの視点から資産管理サービスを提供するのがその役割。福岡に異動する前は東京の本店に所属しており、資産運用状況の月次報告書の作成、顧客からのリクエストに応じたアドホックレポートの対応、業界情報の提供といったお客様に提出する報告書をまとめる部分を重点的に担当してきました。
私はチームのマネージャーとして全体のマネジメントを担っていました。信託銀行が数ある中で当行に大切な資産を預けていただくためには、何よりもお客様との信頼関係構築が欠かせません。期日通りに必ず報告書を収めるのはもちろん、ミスなく仕事を進めていくことができるように、細心の注意を払って仕事を進めていくようにしていました。新しいお客様との業務を開始する時などは、特に神経を使っていましたね。部署内外のメンバーと密にコミュニケーションしながら、お客様のニーズに可能な限り応える仕組みを作り、サービスをスタートさせる。多くの人に助けられながら新サービスが無事に稼働したときの達成感はとても大きいと感じていました。
福岡営業所の立ち上げに参画。新しい挑戦が始まる
2012年5月、ステート・ストリート信託銀行では新たに福岡営業所を立ち上げました。信託業務、アウトソーシング業務、グローバル・カストディ業務のオペレーション面を担う拠点であり、新卒の皆さんは入社後、福岡営業所に配属となり経験を積んでいくことになります。
この拠点はBCP(事業継続計画)の一環として立ち上げられました。災害をはじめとする予測不可能な事態が発生しても、お客様に滞りなくサービスを提供するべく、機能を日本各地に分散していこうという流れを受けてのものです。それゆえ、福岡にあるからといっても九州のお客様を担当しているわけではなく、サービスの対象となるのは全国の機関投資家の皆さまということになります。
私はその立ち上げとともに、証券管理部を任されることになりました。以前は各種データを集めて報告書を作成する仕事だったのが、今度はデータを出すまでの段階、つまりお客様から預かった大切な資産である有価証券の決済状況や資金残高などを見ることとなりました。東京と福岡の経験を合わせれば、信託業務全体を俯瞰することができます。全体を把握した上で、お客様に新しい価値を提供できることに楽しさを見出している毎日です。
この企業の先輩一覧に戻る 次へ>>